書評

日本語の本

序盤で分類されたミニチュア集

今回はチェストランス出版の棋譜集を紹介します。チェストランス出版は著作権が切れたチェスの洋書を翻訳し、出版しています。通常の書店で購入することはできず、アマゾンや直販での販売のみになっています。 今回紹介する本:161ミニチュア集 ...
書評

王道!?のチェス戦略本

私としては珍しく、いわゆるチェス戦略本を紹介します。 今回紹介する本:Chess Strategy for Club Players Chess Strategy for Club Players ...
書評

ガチ勢以外お断り!半端な気持ちで取り組んではいけないシリーズ本

今回は泣く子も黙るAagaardのシリーズ本の紹介です。とても有名なシリーズですが、とても万人にお勧めできる本ではありません。一人で取り組むのであれば、FIDEレート2000以上は必要ではないでしょうか。 今回紹介する本たち ...
タクティクス

【書評】プロブレムの解き方【チェス】

チェスの「プロブレム」と聞いて何のことか分かるでしょうか?直訳すれば「問題」ということになりますが、よくある実戦(または実戦にありそうな)問題ではなく、作為的に作られた局面での絶妙手を見つける問題というイメージです。今回紹介する本はチェス...
オープニング

手堅い印象の白番初手e4レパ本

私としては初めて白番初手e4のレパートリー本を紹介します。 今回紹介する本 Keep It Simple 1. e4 Amazon 楽天Kobo 楽天 白番向けのレパートリー本...
書評

チェスのトレーニング手帳【書評】

今回紹介するのは書評とは言っても本ではなく、トレーニング計画と記録を記載する手帳のようなものです。最近話題のブロガーであるGM Noël Studerが刊行した書籍になります。 Chess Training Planner ...
タクティクス

3手読んで勝つ戦術【チェストランス出版】

久々の書評です。今回はチェストランス出版の「3手読んで勝つ戦術」です。 今回紹介する本 3手読んで勝つ戦術 (チェス・クラシックス 6) Amazon タイトルから想像さ...
エンドゲーム

日本語で終盤を網羅的に扱っている好著

今回紹介する本 終盤の基礎知識 (チェス・クラシックス 4) Amazon 今回紹介するのは、チェス・クラシックシリーズの4巻、「終盤の基礎知識」です。原作者のアヴェルバッハは著名な棋士で、...
オープニング

Everymanchessの白番向けレパ本(1. d4 2. c4)

Everymanchessから出ている白番向けレパートリー本です。以前 Everymanchess の序盤本についてネガティブなことも書きましたが、白番向けならば比較的許容できます。初手d4で2手目にc4とするd4定跡としては王道の手順の...
オープニング

Playing the Najdorf: A Practical Repertoire

先日レビューしたEverymanchessのNajdorf本にがっかりして、すぐに買った別のNajdorf本を紹介します。安心と信頼のQuality ChessのNajdorf本です。現時点でQuality Chessが世界最高のチェス出...
タイトルとURLをコピーしました