戦術・タクティクスの基本【チェス】

チェスにおけるタクティクスとは日本語訳で戦術のことで、短い手数の中で優位を築く手法のことを呼びます。具体的にはチェックメイトや駒得をする手法のことです。

タクティクスを学ぶためにはチェスの試合の中でよく出てくるパターンを学ぶ必要があります。

スポンサーリンク

基本の戦術パターン

タクティクスで覚えておくべきパターンについて以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

チェス戦術大全

基本の戦術パターンで紹介した以外のタクティクスのモチーフを紹介しています。

1.守り駒へのアプローチ

2.ディスカバーどアタックとその周辺

3.中間手とその周辺

4.駒の効きへのアプローチ

チェックメイトのパターン

通常タクティクスのモチーフにはメイトは含まれていないため、別に学ぶ必要があります。初心者向けと中級者向けのメイトパターンをそれぞれ記事にまとめています。

初心者・初級者向け

中級者向け

タクティクスを見つけるコツ

パターンを覚えるだけではなかなか難しい問題が解けないと思う人もいるかと思います。私はタクティクスの問題には考えるコツがあると思っています。その考え方について記事にしています。

タイトルとURLをコピーしました