ジャパンオープン 2023 参戦記

あづみさんは仕事の関係で不参加のため、私一人での参加となります。

スポンサーリンク

ジャパンオープン2023

春の東京選手権、夏のジャパンチェスクラシック、秋のジャパンオープンが国内の3大オープン大会と言ってよいでしょう。今年は100人以上の参加者を集め、かなりハイレベルの大会になりました。

大会形式は90分フィッシャーのFIDE戦7R。4日間で7Rですので、基本は1日2局、1日だけ1局の日があることになります。通常は最終日が1局になることが多いのですが、今回は平日の初日が午後からの試合になり、1局です。最終日と初日、どちらを1局にした方がいいかということには一長一短あるかと思いますが、初日を午後開始にしたことにより前日入りしなくてもよい人が増えたのではないでしょうか。また、初日が平日で1局だけということで、1Rをbyeにする人も増えそうです。

今大会開始時の私のFIDEレートが1821、国内レートが1802です。
以下、名前後ろのカッコ内前側がFIDEレート、後ろ側が国内レートです。

スポンサーリンク

1R VS VS M, T (UR/1276) 黒番

初手d4から黒のc5に対してNf3と支えてくる変化から、白が黒のcxd4に対してQxd4ときたので、Nc6でテンポを取ってほぼイコールぐらいでしょうか。c4攻撃して弱まったc3のマスを中心にタクティクスが決まって、教科書のようなナイトフォークが入って勝ち

2R VS FM Bibby, Simon (2148/2276) 白番

昨年の全日本選手権で屈辱的な短手数負けを喫したビビーさんとの再戦になります。黒はスコッチのNf6から非常に厳しいラインを用意してきていました。うっかりポーンが落ちました(下図)が、黒ポーン構造が崩れており、意外とコンペンセイションがありました。早い段階で黒からドローオファーがあり、これをあっさり受けてドロー

3R VS O, T (1538/1490) 黒番

Oさんとは初対戦、1.e4 c5 2. d4 cxd4 3. Qxd4と指してきました。序盤早々にツービショップを取り、イケイケでしたがちょっと途中が緩かったかもしれません。

下図の局面、d2のナイトを狙っていますが、黒の本当の狙いは分かるでしょうか?

21. Rcd1 Bxd2 22. Rxd2 axb3 23. axb3 Qc4 24. Nd4

ここまで来れば分かりますよね?

24.. Rxb3! 25. Nxb3 Rb8

メイトが止まりません。ここで白投了。勝ち

4R VS N, K (2052/2141) 白番

白番フレンチで、オープニングプレパ的には勝ったと思うのですが、勘違いで色々支えきれなくなりました。2ポーンダウンですが、黒も局面を進めるのが難しく、ドローにできるかもと思いましたが、相手の狙いが見えずにミスが出て負け。時間がなくなってきた時に相手の狙いが見えなくなるのをどうにかしたい。みんなそうか。

5R VS N, C K (1704/1551) 黒番

ベトナム人兄弟のお兄さんとの対戦。ベンコーギャンビットディクラインド(って名前の定跡はないですが)から下図のe5が勝負手。好位置にいるd4のナイトを攻撃しつつ、センターを取りに行きます。白はアンパッサンして取る手もb7のビショップが開いて指しずらいですが、おそらくその方が良かった。本譜はNf3と引いて、その後f5を突かれて典型的なキングズインディアンのようなキングサイドの攻撃が続きます。長い手順で簡単ではありませんでしたが、そのまま優勢を維持して、勝ち

6R VS S, T (1903/1973) 白番

麻布の後輩でもあるS君と対戦。カロカンディフェンスになりました。行き慣れた道のりのはずが、下図の局面でミスが出ます。黒がQc7と引いてNxe5 dxe5がポーンフォークにならないようにした局面では、一旦Qc2と引くと覚えていたはずが、何も考えずに入ってしまいました。ひどい。ここまで白番3試合全てで序盤にミスが出ており、ちょっと緩んでいるなぁと思いました。この後、白からかなり激しく迫りましたが、黒の優勢が広がるばかりで、負け

7R VS W, I (1560/1388) 黒番

最終ラウンドは黒番で慶應大学の留学生が相手です。初手c4イングリッシュオープニングの対称形から白がc4-d3-e4とポーンを組むいわゆるボトヴィニクシステムになります。この形では白はd4に大きなホールを抱えることになります。

本局では黒もe5を突き、d5のマスもホールになっています。このような局面では特にマイナーピースをどのように配置するか、どれを交換するかが重要になります。

結果として上図のように黒ナイトをd4のホールに配置し、d5のホールは白ポーンで埋め働きの悪い白の白マスビショップを残すという理想的な展開になりました。とはいえ現時点では白のメジャーピース3つがアクティブで黒キングも弱いので、黒も気をつけなければなりません。

この後もミスなく優勢を維持し、勝ち

まとめ

結果4勝2敗1引分の4.5 ptでした。全体で111人中19位(スタート順位35位)だったので、よい結果だったと思うのですが、もう少しレートを上げたかったなというのが本音です。今大会を今年の最後の大会にする予定でしたが、大阪の浪速オープンに出るかどうかを現在迷い中です。

U.S. CHESS
¥5,317 (2024/07/14 15:37時点 | Amazon調べ)

著:Hawkins, Jonathan
¥3,553 (2024/07/12 20:39時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました